東京有閑倶楽部

第13回育児交流サロンH29/10/6(金)申し込み受付中 ♪ 育児講演会 + ピアノ 生演奏 + ドリンク付 ♪

長男の前歯(その1)

おはようございます。
気持ちのいい一日の始まりです♪

でも、風邪引きさんのお子様がいらっしゃるご家庭は
こんな気持ちのいい日でもおうちの中に缶詰ですね。

我が家の子供たち(中1と小5)はやっと季節の変わり目でも風邪を引かなくなってくれました。
長男はひどいアレルギー性鼻炎があり、いつも鼻づまり状態。
そのアレルギーの症状も改善し、
やっと「強くなったなぁ」と思えるようになったのは小5。
次男は、特に持病?はなかったのですが、とにかく細くて小さい。
そんな次男も強くなってくれたのは小5になってからです。

我が家の場合、「小学5年生」が一つの区切りだったように思います。

私は男の子しか育てたことがないので女の子との比較は出来ませんが
「男の子は育てにくい」と世間ではよく言われます。

男の子は、小さい頃は身体が弱くて、すぐに風邪を引く、と言われますが
我が家の場合、本当にその通りでした。

しかし、私は男の子が育てにくい、という言う意味には
よくケガをする、ということもあると思います。

ケガと言えば、真っ先に思い浮かぶことが私にはあります。

私が次男を出産してすぐの夏。
日曜日、家族4人で近くの公園に遊びに行きました。
私はベンチに座って次男におっぱいを飲ませていました。
2歳の長男は水着になって主人と噴水の水できゃっきゃ、きゃっきゃ。

私がちょっとウトウトした瞬間、子供の泣き声が!!!
瞬時に「長男だ!」と直感しました。
泣き声はどんどん近づいてきます。
主人が長男を抱きかかえ、猛スピードで私の方に走ってきました。

やっぱり・・・。

長男の口は真っ赤。
主人の顔は真っ青。

事情聴取をしたところ、
石で作られたドーム型の噴水の中腹あたりに長男を置いて、
自力で上に登らせようとしたらしいのです。

上からは水が流れてきているため、石はつるつる滑る・・・・。

「男の子にはそれくらい冒険させんとあかんと思った」←どんな時も岐阜弁。

長男はつるつる滑る石を四つん這いで這いあがる途中、
バランスを崩し、顔から石に激突したらしいのです。

ゴン、とすごい音がしたとのこと。

口の中はぱっくり割れ、血まみれでした。

私はすぐに長男の前歯をチェック。
多少ぐらつくけど、乳歯だし、大丈夫だろう、
口の中の傷は確かにひどいけど、口の中は衛生的なので問題なし、
と、勝手に判断。

なので、顔面蒼白の主人に、慌てないでいい、と伝え、
次の日に念のため、歯医者さんに連れていきました。
歯医者さんでも特に処置はなし。様子をみましょう。

また穏やかな日が流れ始めました♪

ですが、その後です、長男の前歯に異変が生じたのは・・・。

特に大した話しではないので続きも書いてしまいたいのですが
ブログが長くなるので今日は一旦ここで終わりに致します。

と、言うのも、今晩から義理の親が泊まりにくるのです♪
ね、分かりますよね?半年に一度の大事件?!なのです。
大掃除大そうじ~、見えるとこだけ大そうじ~(←なぜか鼻歌)♪

次回のサロンは「歯」がテーマなので
歯についてのブログを書きたいと思いつつ、なかなか更新出来ず・・・。

次回は月曜日にブログ更新予定です♪

みなさまも素敵な週末をお過ごし下さいね!
スポンサーサイト

別窓 | 第11回育児交流サロン(H28/12/9)終わりました | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<長男の前歯(その2) | 東京有閑倶楽部 | ちょっぴり優雅に♪>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 東京有閑倶楽部 |