東京有閑倶楽部

次回育児交流サロンはH29/10/6(金)です ♪ 育児講演会 + ピアノ 生演奏 + ドリンク付 ♪

「有閑倶楽部」発掘♪

こんばんは。底冷えする寒さですね♪

ここのところ、サロンのことが気になってはいるのですが
次回は5月27日(金)なのでまだ少し先のことになります。
なので、また家の中の整理&掃除に没頭しています。
ホコリってどうしてこんなに溜まるのでしょう。

で、
家の中をあれこれ掃除していたら、出て来ました♪
一条ゆかりさんのマンガ「有閑倶楽部」!!!

「エースをねらえ!」や「SWAN」とかも
クローゼットの奥から見つかりました。
この家に引っ越してきた時にまとめて奥に押し込んでおいたのです。

私の青春とともに過ごしたお宝発掘です♪

セリフを暗記できる程、読み込んだ私の人生のバイブルたち。
マンガから多くのことを学びました(←かなり本気)。

そして、今、また新たに「有閑倶楽部」を手に取り、
あ~、これだこれだ、私の「東京有閑倶楽部」の原点は・・・・と
改めて実感しているところです。

「有閑倶楽部」は私の中学生時代に流行った古いマンガです。
と、言うことは四半世紀以上前?!

このマンガ、とにかく、笑いがスマートなのです。

いろいろ難しいことは世の中たくさんありますが
「笑い」ほど難しいものはないんじゃないか、と私は常々思っています。

人を落として笑いを取るのはもってのほか、
自分を落として笑いを取るのも絶妙なバランスが必要、
その場にいる人、全ての境遇をインプットしてないとNG、などなど。

小学生の男児も高学年になるとソコソコ面白くなってきており、
クラスの中の話しを聞いて、
本気でお腹を抱えて笑ってしまうこともしばしば♪

ただ、やっぱり笑っていい話題と、そこで笑っていいの?という話題の
見分けは子供にとっては案外難しいものです。

今、二人の息子(小6と小4)に、笑いの難しさを伝授しているところです。
結局、笑ってはいけないところでの笑いはイジメに繋がりますからね。

子供たちと話しをする内容が徐々に変化してきている今日この頃です♪

「有閑倶楽部」のお陰?!

明日は雪が降る予報です。
子供たちは「絶対に雪が降りますように」とお祈りしていました。
まだまだ幼い二人です♪

みなさまも暖かくしてお過ごし下さいませ♪

それではおやすみなさい。
スポンサーサイト

別窓 | その他いろいろ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「食品の裏側」 | 東京有閑倶楽部 | 子犬たち♪>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 東京有閑倶楽部 |