東京有閑倶楽部

第13回育児交流サロンH29/10/6(金)申し込み受付中 ♪ 育児講演会 + ピアノ 生演奏 + ドリンク付 ♪

ぼちぼち♪

おはようございます。
週末もあっという間でした。
地元のお祭りがあったため、子供たちも大ハシャギ。
子供神輿を担ぎ、その後は町内会の方からご褒美のお菓子を頂き、
帰宅後、そのお菓子を大事に大事に宝物箱にしまう姿は笑えました。

夏ももう終わりですね♪
寂しい気もしますが、涼しくなるのは大歓迎です!

次回のサロン(10月9日 金)の予約もぼちぼち入り始めました。
ありがとうございます!!!!

私も当日に向けて徐々にギアを上げて参ります。
引き続き、宜しくお願い致します。

そして、東北被災地巡りの続きです。

前回は、陸前高田の奇跡の一本松を見学し、
一路、南三陸の防災庁舎に向けて出発したところまで書きました。

陸前高田を出発したのはAM10:30。

リアス式海岸をレンタカーでくねくね走ったのですが、
行けども行けども海岸沿いの土地は見事に更地になっており、
土がうず高く盛られ、整地が進んでいました。

海岸はアップダウンが激しく、
低くなり始めると
「ここから浸水あり」と表示が出てきて、
また坂道を上がり始めると
「浸水はここまで」との表示が出てきます。

その度に、今、走ってるこの道が当時は水に覆われていたんだなぁ、と
家族でしみじみ。
子供たちも、あ、またここから浸水したんだ・・・と。

周囲の景色があまりにも刺激が強いため

乗り物酔いのひどい長男(小6)も酔ってるヒマがなく
お調子者の次男(小4)もさすがにおちゃらけてるヒマがなく、
2人ともじーっと外の景色に見入っていました。

2人が真剣に外を見ている姿を見て、
連れて来て良かった、と思いました。
まさしく、百聞は一見にしかず、ですね。

そして、驚いたことに整地された土地には、
なんと真新しい立派な一軒家が立ち並ぶ場所までありました。

その土地を離れたくない、離れられない、という方々も多いのだと思いますが
盛土をしっかりしている、強度も確保されている、と言っても
素人目には少し怖いように思いました。

津波がなくても震度5強クラスの地震に耐えられるのだろうか・・・って。

また、私たちが走っている道路を挟んで
左側(海岸側)は更地、
右側(山側)は無傷、という場所も多く、
ほんの僅かな差で明暗を分けたんだなぁ、と実感致しました。

そうこうするうちにニュースでも多く取り上げられていた
南三陸町防災対策庁舎に到着。

午後12:30。

復興事業用の大きなトラックが行き交うだだっ広い更地の中に
ぽつんと建っている剥き出しの鉄骨の建物が防災庁舎でした。

最後まで避難を呼びかけた女性職員の勇気がよく取り上げられていました。

献花台が設けられていたため、家族で手を合わせ
そして周囲に改めて目を向けると・・・・呆然。

周囲は本当に何もありません。

この庁舎の取り壊しについて色々議論がなされているみたいですが
何もない更地の中にぽつんと立っている庁舎は
少し違和感を感じるほどでした。

これが、震災から4年経過した現実なのでしょうか。
もちろん震災前は住宅が密集していたらしいのですが。

私たちはその後、
防災庁舎から車で3分のところにある
「南三陸さんさん商店街」でお昼を食べました。
さんさん商店街は宮城県南三陸町にオープンした仮設商店街です。

地元名産、ホヤのお刺身(300円)も食べました。
私はこの歳にして初めてホヤのお刺身を食べたのですが
なんとも言えない珍味。
美味しいって言う感じではないのですが間違いなく新鮮でした!

次はいよいよ石巻の大川小学校、です。
こうして「大川小学校」と文字を書くだけで
気持ちが重たくなる程の衝撃を受けた大川小学校。

今日も長くなってしまいました。

書き始めると止まらないのです。
ごめんなさい。
スポンサーサイト

別窓 | 第7回育児交流サロン(H27/10/9)終わりました | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<産まれたてホヤホヤ。 | 東京有閑倶楽部 | あっと言う間♪>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 東京有閑倶楽部 |