東京有閑倶楽部

次回育児交流サロンはH29/10/6(金)です ♪ 育児講演会 + ピアノ 生演奏 + ドリンク付 ♪

赤ちゃんがたくさん♪

「赤ちゃんがたくさん」

もちろん、私が産んだワケではありません。
私には、そんな体力・精神力はもう微塵も残されていないのですが、
うちの金魚たちは生命力旺盛♪

ここ最近の私はブログの更新をさぼって、
金魚と赤ちゃんの世話ばかりしておりました。

今、65リットルの大きな水槽の中に
10センチくらいの金魚が5匹、25センチ一匹、
合計6匹の種類様々な金魚がのんびり泳いでいます。

以前までは種類ごとに水槽4つに分けてお世話していたのですが
「管理が大変や!一つにまとめる!」
岐阜弁の主人の鶴の一声で、6匹の賑やかな同居生活が始まったのです。

そして、ブログでも何度か書きましたが
我が家には自慢の娘?見目麗しき25センチの金魚のコメット(名前コロ←次男命名)、
が、おります。
そのコロがここ最近、数匹の金魚を追いかけてばかりいました。

「コロはいじめっこなのかな?」と次男が心配するほど。

そんなある日の明け方5時。
バシャバシャとこれまでとは違う勢いの
水しぶきをあげる音が聞こえてきたので
眠たい目をこすりながらリビングにやってくると
それはそれは激しく金魚たちが泳ぎまわっていました。

金魚が暴れて水槽からこぼれた床の水を拭きながら
ふと水槽を横から覗くと、
そこには何やらま~るい小さなモノが点々と・・・・!?

ん?なに?まさか・・・・・?!!!!

眠気が一気に吹き飛びました。
卵だ・・・・・・・。

しかも、その卵を他の金魚が次から次へと食べていく!

まずい。ムゴすぎる。

そして、これは子供たちにもいい勉強になるはず、
と、すぐさま2人の息子を起こして、出産に立ちあわせました。

金魚が大きく跳ねるとたくさんの卵が産み落とされる
 ↓
周りがビショビショになるため長男(小6)がせっせと床の水を拭く
 ↓
私が水槽の底に落ちる前の卵をスポイドとオタマを併用し
可能な限り拾いまくる。ココは時間との勝負。
卵は粘着力が強い上に、触れるとすぐに潰れるため、なかなか上手く取れません。
 ↓
次男(小4)が私の隣で小さな水槽を持ってスタンバイ、その中に私が卵をどんどん入れる。

これを何度も何度も繰り返す。

3人ともパジャマのまま水しぶきを浴びながら格闘すること2時間弱。
お陰で50個以上の卵をゲットすることが出来、達成感いっぱいでした!

メダカと違い金魚の卵の孵化は早く、
今、早くも6匹の赤ちゃんが元気に泳ぎ回っています♪

途中から主人も加わり、4人で早朝から金魚の出産に大わらわだったのですが
主人曰く
「せっかく水槽を一つにまとめたのに、また水槽が増えた・・・」。

しかも、順調に成長すると考えるのも恐ろしいくらいの数の金魚が・・・♪

最後に、次男が調べて判明したこと。
コロは、自慢の娘、ならぬ、自慢の息子、でした♪
我が家の三男坊 イケメン「コロ」。

今後の経過に乞うご期待です。
スポンサーサイト

別窓 | その他いろいろ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<53?! | 東京有閑倶楽部 | 間一髪・・・。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 東京有閑倶楽部 |