東京有閑倶楽部

第13回育児交流サロンH29/10/6(金)申し込み受付中 ♪ 育児講演会 + ピアノ 生演奏 + ドリンク付 ♪

間一髪・・・。

やっと金曜日になりました。

自分は今週何をしていたのだろう・・・と思うくらい
充実?ドタバタ?していました。

今、小さなお子様を子育て中のお母さんにはきっと経験あることと思うのですが
私も久し振りにガツンとやられました。

今週の月曜日、長男(小6)は2泊3日の林間学校に出掛ける予定だったのですが
出発前夜の日曜日・・・夜8時過ぎ。

発熱しました・・・・まさかの38度5分!!!!

子供の前ではあまり焦った顔や動揺しているところは見せたくないのですが
今回ばかりは隠しきれませんでした。

何日も前からあんなに楽しみにしていたのに
実質、修学旅行に匹敵するこの林間学校に
うちの息子だけ参加できない???!!!
どうして体調不良にもっと前に気付いてあげられなかったのだろう・・・。

色々なことが頭の中をぐるぐるぐるぐる。

熱で赤い顔をしている長男の目を見た時に
イケナイとは分かっていたのに、私の目から涙が溢れてしまいました。
長男も「母さん、どうしよう・・・・」と静かに泣き始めました。

数時間前まで次男と楽しそうに遊んでいた長男。
緊張している様子ではありましたが、
それほどいつもと変わりない様子の長男だったので私は気付きませんでした。
母親失格の私・・・。落ち込みました。

・・・前夜に38度5分は絶望的です。

あーーーーーーーーーーどうしよう!!!!
かわいそうに!!!!どうしよう!!!!!!!!

落ち着け落ち着け・・・と自分に言い聞かせ、
これからの行動を頭の中でシュミレーションしました。

救急病院に連れて行くほどの熱ではない。
母親の直感としては、いわゆる知恵熱。
でも、今の時期でもインフルエンザはあり得る。
林間学校は団体行動だから検査だけは受けさせなければならない。
でも、インフルは発熱してからしばらくたたないと検査出来ない。
小児科があくのは明日の朝9時。
バスの出発時刻に間に合わない・・・・。

覚悟を決めました。

この程度の熱で解熱剤は飲ませたくないのですが、
そんなことを言っている場合ではありません。

まず、解熱剤を飲ませる

広報で調べ、休日対応してくれる薬局に電話し、自宅にある薬でなんとか対応

とにかく早く寝させる

脇の下、首、おでこ、足の付け根などなど冷やせるところは全部冷やす

じっと夜中も長男の様子を見続けました。

長男の身体は熱くなる一方、私の心臓はヒートアップ。
一睡も出来ない私の横で気持ち良さそうに眠り続ける長男。

朝になりました。この時点でまだ微熱あり。
ポカリスエットをがぶ飲みさせました。
飲めるだけ飲みなさい、そして、たくさん出しなさい、と。

学校に電話し、バスには乗れないけど
朝一で小児科に連れて行き、インフルの検査をしてもらい
お医者さんからOKが出れば、私が宿泊先に連れていきたい、と伝えました。

全てはお医者さんの診断次第。
祈る気持ちで連れて行きました。

結果は・・・・陰性♪
その場で踊りだしたい気持ちでしたが、そこはガマンガマン、
長男と顔を見合わせ、静かに微笑み合いました。
お医者さんも、林間学校に連れていっていいですよ、と言って下さったため、
処方してもらったお薬を長男にしっかり飲ませ、持たせ、
いざ電車で日光へ!!!!

結局、みんが着く前に宿泊先に到着することが出来、
行きのバスに乗れなかっただけ、という結果になりました。

担任の先生も満面の笑みで私たち親子を受け入れて下さり、
長男と仲良しの友達も、良かったな!!!!と駆け寄ってくれ、
ほんと、地獄から生還した気持ちでした。

・・・・・それにしても子供ってどうしてこうなんでしょう。
大事な行事の前に体調を崩す。

もうこんなに大きな身体になったのだから、
もう小学6年生なんだから、と私も高を括っていたのかもしれません。

間一髪、見たことありませんが、オバケより怖かったです。

長くなりました。
読んで下さってありがとうございます。

ただ、私のこの行動、賛否両論あると思っております。
過保護過ぎるんじゃないか、などなど。
なのでブログに書くのを少しとまどったのも確かです。

母親になって十数年、日々、母親としての行動について悩みは尽きません。
どれが正解、ということが分からず、悶々としながら前進しております。

子供を授かった時点から母親としての修行は続いています。
・・・・・私の修行はまだまだ続きます。
スポンサーサイト

別窓 | その他いろいろ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<赤ちゃんがたくさん♪ | 東京有閑倶楽部 | 「サレ」?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 東京有閑倶楽部 |