2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

昨日に引き続きピアノのお話しです。

今日はいつもの恒川先生のジャズレッスンの日。

男の子のピアノは長続きしない、とよく言われるので
私はとにかく、
楽しみながらゆる~く継続、でもちょっぴり本格的に、
を心がけてきました。
恒川先生はその点ピッタリ♪

習い事は最低6年間継続しないと力にならない、と昔教えてもらったので
私の中では、何事も6年が一つの区切りとなっています。
もちろんイケるところまで継続してみようと思いますが。

では腕前は、というと、そこは・・・・?です。
私だって・・・・なので、子供に高望みはできません。

でも、今日はピアノをめぐって嬉しいことがありました。

ところで、長男(小5)は鉄道オタクなのですが、
一時はジブリの映画にも夢中になり、
宮崎駿監督が引退会見をした時には、
「じゃ、オレがあとを継がなきゃ!」と映画製作に日々打ち込んでいました。

長男は、我が家では「パクリの帝王」と呼ばれています。

長男監督
第1作目 「皿の上のモチ」  「崖の上のポニョ」 のパクリ
第2作目 「黒い豚」  「紅の豚」 のパクリ

その他も、パクリの大作がいっぱい♪ 

そして、うちの息子たちは「スキマスイッチ」というミュージシャンが大好きで
2人は「たたみスイッチ」を半年前に結成。
最近は「障子スイッチ」に名前を変えようか、と悩んでいます。

そんな2人が、一昨日の「レ・フレール」のコンサートに刺激され、
今日から新たに「レッツ・フレール」を結成したとのこと。
夕飯の準備をしている私のところに、2人揃って結成の挨拶に来ました。

・・・・・これが、ピアノをめぐって嬉しいこと、です。

なんでもいいのです。
とにかく楽しくピアノに触れてくれればそれでいいのです。

「フレール」というのはフランス語で兄弟という意味なので
うちの息子たちが使ってもおかしくはないのですが、
「レッツ」となるだけでとっても軽いお調子者兄弟の感じになり、
2人にはぴったりのネーミングだと思いました。

今日は、恒川先生が帰られた後も
本家本元のレ・フレールの挨拶から喋り方まで全て真似して、
2人でずっと連弾を楽しんでいました。

我が家の「レッツ・フレール」♪

ファンクラブもある「レッツ・フレール」♪

「早く入らないといっぱいになっちゃうよ!」と次男に脅され、
慌てて入会しました♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















平成29年12月8日(金)10:00~スクエア荏原「第1スタジオ」にて育児交流サロンを開催します♪ 料金1500円(リピーターの方は200円引き)10:00~「子供の生活リズム&整理収納」のお話&11:00~JAZZピアノ生演奏 ドリンク付き お子様(無料)連れでもお一人でも大歓迎♪ 同スタジオ内にで保育スペースあり。 育児中のママ、是非一緒に息抜きしませんか? 
ご予約はt-yukan-club@herb.ocn.ne.jp あるいは 090-6029-0542 大野までご連絡ください。メールフォームからもご予約頂けます。

YukanWoman

Author:YukanWoman
東京有閑倶楽部へようこそ!

サロンの予約&次回の予定等の問い合わせ、また、聞きたい講義内容OR聴きたいピアノ楽曲のリクエストなどなど、なんでもお気軽にt-yukan-club@herb.ocn.ne.jpまでご連絡下さい。大野直子(代表)