東京有閑倶楽部

第13回育児交流サロンH29/10/6(金)申し込み受付中 ♪ 育児講演会 + ピアノ 生演奏 + ドリンク付 ♪

第5回サロンを振り返って(4)

今日はこの画像から♪
16の1

このお坊ちゃま、もしかして周囲を魅了したダンサーと同一人物?
画像をアップしてから気付きました♪
あ、ごめんね、時村さん、首が・・・・。

16の2
初めの3曲は時村さんのソロ演奏でした♪

16の3
西谷さんのフルートも加わって一層豪華に♪
お二人の洋服のコラボも素敵でした。


名お坊ちゃまピアニストも赤系の服でキメてくれ、
時村さんと西谷さんも素敵なエンジ色でコラボして下さり、
私としては、目指していたサロンの形を実現できて大満足でした。

西谷さんは、フルート専攻で音大を卒業されていますが、
昭和医大のロビーコンサートをはじめ、
各所でピアノの生演奏も引き受けていらっしゃるツワモノ。

こういう方を私が見逃すはずがありません!!!!
西谷さんにお願いして本当に良かったです。
ありがとうございました。

そして、私自身が今回良かった、と思えることがもう一つ。

それは、時村さんがご自身のミスタッチを吐露されたことに対して
同じプロの方から生の声を頂けたこと♪

私はスタジオ内を終始ウロウロしていますし、
空調のことで頭がいっぱいになっていたので
時村さんのミスタッチに気付かなかったのですが、

やはりそこはプロのプライドなのでしょう♪
さすがご自身に厳しい時村さん。

なので、私は西谷さんに
「そういうもんなんですか?」とチラッと聞いてみたところ
やっぱりね、と思える返答が・・・・。

「いくらプロとは言え、ああいうお子様バタバタの中で演奏するのはとても難しい。
 自分の演奏だけに集中することが出来ないからね。
 しかも、アップライトピアノで皆さまに背中を向けての演奏はかなりやりにくい。
 それに全曲、耳慣れた曲ばかりを演奏するなんてありえない。
 そもそもあの状況でピアノ演奏を引き受けることだけでも相当肝が据わってる♪
 同業者として尊敬しちゃったわ~」

そうでしょう、そうでしょう♪

私はクラシックピアノは時村さんにしか弾いて頂きたいと思いませんし
時村さん以外の方が引き受けて下さるとも思っていません。

もちろん、こちらは参加費を頂いているので
より完璧なサロンを目指しておりますが
しかし、そこは生身の人間のなせるワザ。

何千人の観客の前でグランドピアノを舞台の上で弾く方が気持ちが楽、
ということはよく聞きます。

そういう舞台では、よくピアニストの方はむずかし~い曲を弾かれますよね。
あれ、ミスタッチがあっても観客は気付きようがないのです。

でも私は、このサロンでは難しい曲やテクニックを披露して頂きたいとは思いません。

とにかく、知ってる曲をのんびりした雰囲気の中で楽しんで頂きたい。
お子様に窮屈な思いを強いて、かしこまって聴いて頂きたくない。
それだけなんです。

完璧な演奏を求めたければ、CDに勝るものはありません。

時村さんの背中から伝わるその情感、雰囲気全てを生で味わって頂きたいと思います。

今日はいつになく熱くなってしまいました。
仕方ないので?、二本目のビールに突入します。

明日もまたお付き合い下さいませ♪
スポンサーサイト

別窓 | 第5回育児交流サロン(H26/12/12)終わりました | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第5回サロンを振り返って(おわり) | 東京有閑倶楽部 | 第5回サロンを振り返って(3)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 東京有閑倶楽部 |