東京有閑倶楽部

第13回育児交流サロンH29/10/6(金)申し込み受付中 ♪ 育児講演会 + ピアノ 生演奏 + ドリンク付 ♪

ジャズピアノだけど貝の話し♪

今日は月2回のジャズピアノレッスン日♪
サロンでジャズピアノを弾いて下さる恒川先生のレッスンです。

ブログを更新している時間、本当は練習すべきなのでしょうが、
ちょっとひと休み。

そして、じーっと改めて我が家の生き物たちを観察しました。

我が家では今、

金魚→らんちゅう1匹、コメット2匹、和金1匹、おらんだ獅子頭2匹
めだか→成魚1匹、稚魚2匹
番外編→カブトムシの幼虫 

が、一緒に仲良く共同生活しています。

先日、金魚草(ガボンバ)を購入して、
メダカのいる水槽に入れておいたところ何やら怪しい黒い物体がゆらゆら。

次男「かあさん、メダカって貝を生む?」

はい、それはあり得ません。
そうなんです。
金魚草に貝のたまごOR貝本人がくっついてきていたのです。

当然、次男は貝も育ててあげたい、と言い出しました。

私も、ま、いっか、ということでしばらく放置しておいたら
数日後には、あろうことか、その貝、
金魚草にどんどんたまごを生みつけているではありませんか!!!

それでも、まだ私たちは、みんなで
「ふ~ん、すごいね、貝もかわいいね♪」なんて言っていたのですが、

いつもお世話になっている商店街にある「丸清」のお姉さんが
「それは良くないですよ、メダカと分けた方がいいですよ」と。

で、帰宅後、すぐに別の水槽にたまご付きの金魚草と貝を移しました。
贅沢にも貝専用の水槽を設けたワケです(100円ショップのものですが)。

それからです、貝が本気を出したのは・・・・。
生むは生むは・・・・・であっと言う間に、金魚草はたまごだらけ。

現在、貝の赤ちゃんが続々と生まれ、水槽の壁面にびっしり張り付いています。

こうしてブログに書いているだけでも鳥肌が立ってしまうほど。

先日ブログで、我が家の生き物を見て、絶句した、
というようなことを書きましたが、この貝のことです。

最近家族で話すことといったら、もっぱら貝のことばかり。
今後、どうしようか・・・、ということです。

どこかに放してしまうのは絶対にNG。
この繁殖力ですから、川とかだと生態系を壊してしまいそうです。
下水に流すなんてもってのほか。
じゃ、直接土に埋葬する、なんてかわいそうなことも出来ません。

結局、長男と次男が出した結論は、このまま我が家で一緒に暮らすこと。

次男「じゃ、丸清に貝のえさを買いに行かなきゃ♪」

やっと風邪が治ったのに、
貝の対応にも、次男の対応にも頭が痛い今日この頃です。
スポンサーサイト

別窓 | 第5回育児交流サロン(H26/12/12)終わりました | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「幼稚園選びってなあに?」 | 東京有閑倶楽部 | 子供の成長について>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 東京有閑倶楽部 |