2016 / 01
≪ 2015 / 12 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2016 / 02 ≫

今日は冷えますね。
家の中に1人でいるととっても寒く感じます。

今日は一日何にもない日。
子供たちも6時間授業で帰宅は4時近く。
子供たちの習い事もない日なので、身も心ものんびりできる貴重な一日です。

きっと、このブログを読んで下さっている方々は
比較的節約志向の方が多いのではないかと思っているのですが
私もみなさんと同様、
子供も夫も出払っている家で暖房器具をがんがん使うのはどこか気がひけます。

なので、こういう日は
爆暖タイツを履き、着込めるだけ着込んで
毛布にくるまり、本を読むことにしています。

世間では
専業主婦は週に1~2度、ママ友達とランチをして
贅沢にのんびり生活している、なんて言われることもありますが
私の知る限り(主に有閑倶楽部のメンバー)
そういう専業主婦は皆無です。

みんな、限りある?夫の収入でやりくりし
どうやったら少しでも快適な暮らしが出来るかを常に考えながら
行動している仲間ばかりです。
ママ友達とのランチなんてせいぜい月1~2回。
しかも、値段を気にしながらのやす~いランチ。

子供の習い事にお金はかかるし、
子供が大きくなればなるで、食費はどんどんかかるようになるので、
本当は働きに出た方が生活は楽になるのかもしれません。

でも、でも・・・・私は家庭にとどまることを選択しました。

私が専業主婦を選択した理由は二つ。

まず、夫の収入だけで贅沢さえしなければ生活できる、ということ。
本当にこれは一番有り難いことです。

そして、夫と子供たちが、私に家にいることを望んでいる、ということ。

これだけ見ると、専業主婦ってやっぱりゴロゴロダラダラし放題じゃん!
と思われるかもしれませんが、そうではありません。

収入面だって本当は欲を言えばキリがありません。
海外旅行だってしたいし、車も持ちたい、
たまには外食したい・・・なんて言い始めたらキリが無い。

夫が私に家にいて欲しい、と思うのは
やはり男性の本能的な部分もあるのではないでしょうか?

古い考え方かもしれませんが、役割分担だと私は思っています。

でも、専業主婦はその分、孤独感にも疎外感にも耐えている部分はあるんです。
今日みたいに一日何にもない日は確かに貴重なのですが
私って何してるんだろう、寂しいな、、、、と思ったりするんです。

一億総活躍時代、と言われ、働く女性が価値がある、と思われがちですが
専業主婦は地味ですが、「おかあさん業」を頑張っているんだ、ということを
少し世の中に発信したくなりました。

今日はお天気と同様、いつになく重たい文章になりました。

でも、いつか書いてみたいと思っていたお話しです。

ただ、大丈夫♪
これはあくまでも私個人が思っていることです。

東京有閑倶楽部は政治色も宗教色も何もない団体です。
育児交流サロンはいつも通り、のんびり穏やかに開催されます♪

5月のサロンまでまだ少し時間がありますが
いつでも家事と育児に追われているママを応援しています!
それは働くママも専業ママも問わず、です。

子供にとって贅沢は必要ないと思います。
ただひたすら抱きしめる。
そんなことが出来るのは母親の特権です。

でも、こんな風に思えるようになったのはつい最近♪
子育てが一段落して、楽になったからですね。

ではでは楽しい週末を♪

スポンサーサイト

こんばんは。

今日はいきなり笠原シェフ、こと、笠原将弘さん、についてです。
最近、本当によくテレビに出演されていらっしゃいますね。

「レシピの女王」の審査員をしていらっしゃったり♪
大活躍のご様子です。
笠原シェフは予約が取れないお店として有名な「賛否両論」というお店を
恵比寿に構えていらっしゃいます。

笠原シェフ・・・。
ご存知の方も多いと思いますが、武蔵小山出身の方です♪

もう1年以上前の話しになりますが、
東京有閑倶楽部のサロンをいつも開催している「スクエア荏原」で
笠原シェフの講演会がありました。

私は地元の方に声を掛けて頂き、
その講演会を聞きに行くことが出来たのですが、
なんと、講演直前の舞台裏で名刺交換をさせて頂き、
二言三言ですが、少しお話しさせて頂きました。

なんとも腰の低い偉ぶったところが少しもない、
雰囲気があったかい素敵な方、というのが私の印象でした。

それ以降、テレビで拝見する度に
チャンネルを変えることなく、見入ってしまうようになりました♪

先日もフジテレビの朝の番組に出ていらっしゃったので
当然私は釘づけ。

その時のお料理は「筑前煮」でした。

我が家は、みんな筑前煮が大好きですが
私の実家の味なので、笠原シェフの筑前煮とは若干レシピが異なります。

我が家の筑前煮に、椎茸は入れませんし、
みりんもほんの少ししか入れないので、殆ど甘さはありません。

ですが、色んな味を試してみたい私は笠原シェフの筑前煮に早速チャレンジ♪

子供が「もも肉」を嫌がるためいつも「むね肉」にしているのですが
今回ばかりは「もも肉」にし、まず皮目を下にして焦げ目をつけるところからスタート。
椎茸もみりんも入れました。

そして、最後はなんとすりゴマをかけて頂く♪

これが本当に美味しかったのですっ!!!!!
同じ筑前煮でもこうも変わるものなのですね!!!!!

そして、筑前煮にふりかけた「すりゴマ」。
これがまた絶妙でした♪
いつもサロンでお話しして下さる風間先生が
前回のサロンが終わった時に、私たちスタッフに下さったものです。

私がいつも使っている「すりゴマ」とはこれまた全く違う味でした。
風間先生が下さるものは何でもいつも最高に美味しいです。
クッキー、パン、干し芋、などなど。

この「すりゴマ」も地元のものなのでしょうね。
「金ごま すりごま」 香りが素晴らしい。と書かれてあります。

ほんとに、香りが素晴らしかった♪

風間先生、ありがとうございました。

この筑前煮。子供たち(小6と小4)も沢山食べてくれました。
「美味しい」と言って食べてくれる。
これが今の私にとって一番嬉しい言葉です。

さ、明日は何を作ろうかな♪
メニューを考えるのは本当に億劫ですが、
もう少し頑張れそうな気がします。

長くなりました。読んで下さってありがとうございました。
明日も素敵な一日になりますように。

おやすみなさい。

こんばんは。

早速ですが、
ここのところ、ずっと自宅に引き籠って本を読み漁っています。

と、いうのも
私は荏原区民センターの図書室の運営委員をしていて
本の選書&廃棄等を受け持っています。
しかし、自分の担当している分野以外は
意外とどんな本があるのか知らないのです。
・・・・情けない。

なので、サロンも開店休業状態の今、
ジャンルを問わず図書室の本を片っ端から読んでみよう、
と思い至ったのです。

私自身は、子育てが一段落してからは、身近にいつも本を置き、
時間がある時にはよく本を読んでいるのですが、
今回は少しこれまでとは毛色の違う本を読み漁っています。

今日は一気に
「食品の裏側」という本を読みました。

サブタイトルは
「みんな大好き食品添加物」。

ここ数日で、食品にまつわる本を数冊読みました。

・・・・・怖いですね、添加物。

これまでも子供の身体のことを考えながら
なるべく手作りしてきましたが、
食品を買う時に「裏」の「原材料名」を確認する、という習慣は私にはありませんでした。
せいぜい賞味期限、鮮度、価格を気にする程度。

ただ、漠然とうろ覚えの知識を駆使して
これはあまり良くなさそう、とか、
色がちょっと・・・、
なんてレベルの認識でしたが、

こういう本を何冊も読んでしまうと、
これからの買い物がガラッと変わりそうです。

子育て真っ最中の時には
何事にも余裕がなく、一日一日をクリアするのに精一杯だったので
本を読む時間も皆無でした。

もっと子供たちが小さい時から添加物の視点を持って
食事を作っていれば・・・・と思うのですが、済んだことは仕方ない。
後悔はありません♪

これからです、これから!

これからは、食品の「裏」をみて「原材料名」を確認、
意味不明なカタカナ表記が羅列されている食品はなるべく購入を控えよう、
と思います。

明日は、この流れでお料理の話しを♪

ではおやすみなさい。

こんばんは。底冷えする寒さですね♪

ここのところ、サロンのことが気になってはいるのですが
次回は5月27日(金)なのでまだ少し先のことになります。
なので、また家の中の整理&掃除に没頭しています。
ホコリってどうしてこんなに溜まるのでしょう。

で、
家の中をあれこれ掃除していたら、出て来ました♪
一条ゆかりさんのマンガ「有閑倶楽部」!!!

「エースをねらえ!」や「SWAN」とかも
クローゼットの奥から見つかりました。
この家に引っ越してきた時にまとめて奥に押し込んでおいたのです。

私の青春とともに過ごしたお宝発掘です♪

セリフを暗記できる程、読み込んだ私の人生のバイブルたち。
マンガから多くのことを学びました(←かなり本気)。

そして、今、また新たに「有閑倶楽部」を手に取り、
あ~、これだこれだ、私の「東京有閑倶楽部」の原点は・・・・と
改めて実感しているところです。

「有閑倶楽部」は私の中学生時代に流行った古いマンガです。
と、言うことは四半世紀以上前?!

このマンガ、とにかく、笑いがスマートなのです。

いろいろ難しいことは世の中たくさんありますが
「笑い」ほど難しいものはないんじゃないか、と私は常々思っています。

人を落として笑いを取るのはもってのほか、
自分を落として笑いを取るのも絶妙なバランスが必要、
その場にいる人、全ての境遇をインプットしてないとNG、などなど。

小学生の男児も高学年になるとソコソコ面白くなってきており、
クラスの中の話しを聞いて、
本気でお腹を抱えて笑ってしまうこともしばしば♪

ただ、やっぱり笑っていい話題と、そこで笑っていいの?という話題の
見分けは子供にとっては案外難しいものです。

今、二人の息子(小6と小4)に、笑いの難しさを伝授しているところです。
結局、笑ってはいけないところでの笑いはイジメに繋がりますからね。

子供たちと話しをする内容が徐々に変化してきている今日この頃です♪

「有閑倶楽部」のお陰?!

明日は雪が降る予報です。
子供たちは「絶対に雪が降りますように」とお祈りしていました。
まだまだ幼い二人です♪

みなさまも暖かくしてお過ごし下さいませ♪

それではおやすみなさい。

こんにちは。
未明の雪模様♪驚きましたね。
朝、起きてきた息子たち(小6と小4)は窓の外を見て大騒ぎ。
子供ならずとも、大人の私も実はちょっとウキウキ。

小学校から一斉メールがあり、
今日は通常授業ですが、状況によっては保護者同伴で登校して下さい、
自宅待機をしても欠席扱いになりません、とのことでした。

がっ!この程度の雪でお休みさせるワケにはいきません!
長男は早く登校する日だったので1人ですたすた登校。
次男はいつも通りの時間だったので
雪の様子を見たかった私は次男(小4)に

「心配だから久し振りに一緒に登校しよっか?」とお誘いしたら
「いや、いいよ。」・・・・と、つれない返事。
「どうして?」と聞いたら
ニヤっと笑って・・・・・「男だから」。

ぶはははっ。

身体はいつまでも細いし、なんだか頼りない次男なのですが
ここにきて中身が少しだけ詰まってきたようです♪

よしっ、行ってこい!と送り出しました。

今日は4時間授業で早く帰宅した子供たち。
今はマンションの下の空き地で友達数名と
ドロドロになりながら雪合戦をしています。

雪合戦出来るほどの雪なんで無いように思えるのですが
シャーベット状の雪をかき集め泥だらけ。
ベランダから下をのぞくと、きったない子犬たちが走り回っています。
いや、中型犬?大型犬?
6年の男児たちはかなり大きくなっているのでね♪

多分、この後は全員我が家にあがり、
遊んでいくんだろうな~。

麦茶を大量に作っておかないと♪
あと、雑巾の用意も♪

私がどうしてサロンを開こうと思ったのか、
どうして専業主婦を選択したのか、は、また次回以降で。

今日は本当に寒いです。
みなさまも体調に気をつけて下さいね。

こんばんは。

金曜日はやっぱりいいですね♪
明日も授業がある息子たち(小6と小4)はブツブツ言ってますが、
それでも、金曜日はスペシャルデーです。

なんと言っても、
「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」がありますから。

うちの子供たちは平日は殆どTVを見ないのですが、
この日だけは、子供たちもさっさとお風呂と食事を終え、
そわそわしながら7時になるのを待ちわび
この二人にこんな集中力があるのかっ?!と驚くほど
真剣に見入ります。

なんと言ってもクレヨンしんちゃんは次男そのもの♪

因みに、私は、夫&子供たちがいない間、
罪悪感抱えながらテレビを毎日拝見?しております。
どんなニュースも即答できるほどの精度♪
いいんだか、悪いんだか・・・・恥ずかしい限りです。

でも、私の実母は
「母親の仕事は家で子供の帰りを待つこと。その孤独感に耐えること。」と
常々言っていたため、私もそれを実践しているところなのです。
親からのすり込み、というのは恐ろしいですね。

夫のお弁当作りから始まり、
毎日同じ家事を淡々とこなし、
食事のメニューを考え、買い物をする。
そして、子供の帰りを待つ。

とても単調な毎日の繰り返しですが、
これを誰かがしないと家庭は穏やかにまわらない。
それが私の両親の考えでした。

ふる~い考え方で、時代遅れですね。
でも、私は家庭の経済状況が許す限り
時代を逆行することになりますが
これを実践してみようかな、と考えております。

出産するまで、ワケあって結婚生活の中で私が男役をこなしていたため、
仕事をするということがどれだけ大変なことか、
ということは身を持って分かっているつもりです。

なので、男性側の立場も女性側の立場も配慮しつつ・・・・。

次回サロンは5月27日(金)です♪
それまで少し時間があるため、
このブログでサロンの宣伝ばかりをしても面白みがありません。
せっかくブログを読んで下さる方がいらっしゃるのですから
定期的にブログを更新したいのですが、
子供たちも大きくなり、少し落ち着いた今、
子供絡みのネタもそれほど多くは存在しません。

なので、どうして育児交流サロンを開催しようと思うようになったのか、など
私個人の家庭に対する思いなどを、
少しずつ書いてみようと思います。

共感して下さる方が1人でもいて下されば嬉しい限りです♪

それではみなさま素敵な週末を。

おやすみなさい。

こんばんは。
やっと全工程を終えて、いつもの日常に戻りました。
ここ数日、冬らしい寒さになりましたね。

先週の金曜日から子供たちの3学期はスタートしていましたが
この週末も三連休だったため、私はまだまだお正月気分。

荷物をまとめて小僧二人を小脇に抱え、実家に帰っておりました♪
と、言っても息子ふたり(小6と小4)は小脇に抱えられるサイズをとうに越えており、
態度も特大サイズ。
時間がたつのは本当に早く、子供の成長は目を見張るものがあります。

実家でも実父と一緒に子供たちはナンプレや将棋を楽しみました。
電車や車の中でも寸暇を惜しんでナンプレに勤しむ次男。
相当ハマっています。

みなさまご存知のとおり
「ナンプレ」は「数独」とも言われ
9×9の方眼状のマスを使い、同じ縦列・横列・3×3のブロック内に
1から9までの数字を重複しないように埋めるという数字パズルです。

では、どうしてそもそも「数独」と呼ばれるのか。

諸説ありますが、「数字は独身に限る」の略、らしいのです。

次男があまりにもナンプレばかりするので
「ナンプレは独身者が楽しむもんなんだってよ。ちゃんと他のこともしなさい!」と
注意してみたところ

「だって、まだ独身だもん、いいでしょ。」との返答。

ごもっとも・・・・。

・・・なんて納得してる場合じゃない!

今までは、
たくさん食べ、たくさん遊び、たくさん寝るのが子供の仕事、
と子供たちに言い続けてきましたが
今年からは少しずつ勉強モードに切り替えて行こうと思います。

と、まずは自分に言い聞かせて・・・・♪

明日も素敵な一日になりますように。

おやすみなさい。

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

新年のご挨拶が松の内にギリギリ間に合って良かったです。
ほっ。
関西では松の内は15日まで。
関西ベースの我が家はまだまだのんびりモードなのですが
一応、「東京」有閑倶楽部なのでね。
関東のしきたりを重んじて♪

小さなお子様を抱えての年末年始、
如何お過ごしでしたでしょうか?

私はPCに向かう時間が全くないほど
フル稼働の毎日でした。

4月から中学生になる長男とは
もうこんな風にのんびり過ごせる時間がなくなる・・・・
と、思い込んでいる私は、それを言い訳に
今日はあそこに行こう、明後日はこっち、と
3人で色々な所にお出掛けしていたのです。

・・・・ま、簡単に言うと
息子たち(小6と小4)と遊び歩いていただけなのですが♪

年末年始の慌ただしさを無事乗り越えたここ数日。
正直・・・・ほっとしているところです。

普段、核家族で母親の顔で過ごしている私ですが
年末年始は違います。
義理の関係、実家の関係あり。
妻・嫁・娘の顔を合わせ持ち、
マルチな動きを要求される、腕の見せ所?!

もう7~8年前のことになりますが

息子たちが乳飲み子だった頃、
風邪をひかせてはならぬ、とピリピリしながら健康管理をしていたので
気がつくと、自分の身体がほったらかし。
私は体調不良の時期が続き、
微熱が下がらず、最後は点滴を受けるハメに・・・。

そんなことも今ではいい思い出です。

では、今年のお正月は?!

主人の実家に帰っていたのですが
義弟&息子たちと一緒にナンバープレイス(ナンプレ)漬けでした♪
ほんと、何をやっているのだか・・・・。

岐阜の山奥の主人の実家。
あの寒さは何度経験しても私にはこたえるのですが
そんな凍えるような寒さの中でも
元気いっぱいに過ごしてくれた子供たちの成長ぶりに
ただただ嬉しく思う今日この頃です。

そして、街中で小さなお子様が鼻水を垂らしているのを見ると
あ~、次男も鼻たれ小僧だったなぁ、と。
しかも次男は寒さに関係なく年中青っぱなを垂らしていた小僧。
顔中いつもカピカピでした♪

新年しょっぱなから脈絡のない話しを書き続けてごめんなさい。

こんな感じ?の新年のスタートになりますが
今年もどうぞ東京有閑倶楽部をよろしくお願い申し上げます。

それではおやすみなさい。

平成29年12月8日(金)10:00~スクエア荏原「第1スタジオ」にて育児交流サロンを開催します♪ 料金1500円(リピーターの方は200円引き)10:00~「子供の生活リズム&整理収納」のお話&11:00~JAZZピアノ生演奏 ドリンク付き お子様(無料)連れでもお一人でも大歓迎♪ 同スタジオ内にで保育スペースあり。 育児中のママ、是非一緒に息抜きしませんか? 
ご予約はt-yukan-club@herb.ocn.ne.jp あるいは 090-6029-0542 大野までご連絡ください。メールフォームからもご予約頂けます。

YukanWoman

Author:YukanWoman
東京有閑倶楽部へようこそ!

サロンの予約&次回の予定等の問い合わせ、また、聞きたい講義内容OR聴きたいピアノ楽曲のリクエストなどなど、なんでもお気軽にt-yukan-club@herb.ocn.ne.jpまでご連絡下さい。大野直子(代表)